最先端の知力を結集して新しい価値を創造する。
財団法人本庄国債リサーチパーク研究推進機構は、2005年5月17日、早稲田大学・本庄キャンパス内に設立されました。

ホームの中の イベント&ニュースの中のイベント詳細

イベント詳細


本庄早稲田オープンイノベーションネットワーク発足会を6月17日(火)に開催しました

oin4.jpg
本庄早稲田オープンイノベーションネットワーク発足会を6月17日(火)浦和にて開催しました

-お問い合わせ、ご入会随時受付中-
パンフレット(pdf)はこちらから

今回発足する本庄早稲田オープンイノベーション研究会は、既存の次世代モビリティ・エリアマネジメントと本庄スマートエネルギータウンプロジェクトならびに農商工連携等の取組について会員組織の一元化をはかり、まちづくり・安心安全・介護・医療などの先進テーマを加えより発展させた新しい産学官連携の研究会です。
oin2.jpg

本研究会では会員の皆さまに対して、モビリティ・エネルギー・まちづくりなどの先進事例・研究成果の情報提供、セミナーの開催や会員交流、産学官連携プロジェクトによる事業化支援など様々なサービスを提供いたします。

より多くの企業ならびに個人の方々のご入会をお待ちしております。

本研究会へのお問い合わせ、お申込み
(公財)本庄早稲田国際リサーチパーク

担当 池田、里見、瀧島、長町

0495-24-7455 fax0495-24-7465

 E-mail: openin@howarp.or.jp


開催概要

申込方法
問い合わせ
年間スケジュール

イベント後記

6月17日(火)開催の発足会は147名の出席者がありました。会場となったロイヤルプリンスの間は満員の状況で式次第に従い滞りなく閉会しました。続く懇親会も多くの出席者で溢れかえり、最後まで残って談笑される方々が目立ちました。研究部会の先生方は多くの企業の方々に囲まれ熱心に質疑応答をされていました。初めて出席された企業の方も見受けられ、本会について大きな関心を寄せられたことが窺われました。

■日刊工業新聞 2014年6月18日 水曜日
「本庄早稲田イノベーションネット 産学官研究で中小募集 早大など」
本庄早稲田国際リサーチパーク(埼玉県本庄市)は17日、産学官連携で研究開発やプロジェクトなどに取り組む研究会「本庄早稲田オープンイノベーションネットワーク」を発足した。埼玉県北部を中心に群馬県、栃木県、東京都など近隣都県を含めた企業を会員として募集する。
早稲田大学をはじめとする先進的な研究成果を生かし、「次世代地域・モビリティ」「環境・エリアマネジメント」「食と農」の研究部会を置く。同ネットワークの会長に就任した山川宏早大理工学術院長は、同日の発足会で「新しい横断的なネットワークだ。多くのみなさんに参加してもらって産業界にイノベーションが起こることを期待している」とあいさつした。2014年度に会員80社の見込みで、18年度に150社を目指す。15年度に「くらしと健康研究部会」も新設する予定。
 会員はどの研究部会にも自由に参加できる。研究部会とは別に、会員有志による共同研究やプロジェクトにも取り組む計画。全体活動として視察、研修、講演なども企画する。
正会員の会費は法人が年5万円、個人が年1万円(ともに消費税別)。事務局は同パーク内に置く。同パークは早大、埼玉県、本庄市が中心となり02年に設立した財団。

■日本経済新聞 2014年6月20日 金曜日 
「本庄早稲田の公益財団法人 研究分野 柔軟に横断 EVや農業で新組織」
本庄早稲田国際リサーチパークは、電気自動車(EV)や農業など4つの分野を柱とする研究組織「本庄早稲田オープンイノベーションネットワーク」(本庄市)を設けた。企業などと連携し、新技術の実用化に向けた研究や、セミナーなど講習会を開く。これまであった研究会組織を改め、分野を横断できる研究体制にする。4つの重点分野は、EVなどの交通手段や、地域で電力を効率良く使うスマートシティ、IT(情報技術)を使った農業、高齢医療で、それぞれに研究会を設けた。
本庄早稲田国際リサーチパークは、埼玉県や本庄市、早稲田大学で構成され、産官学の連携が強み。以前もまちづくりや自然エネルギーなどの研究会はあったが、それぞれ独立しており、組織を横断するような研究が難しかった。今回の組織では研究者や企業が柔軟に他分野のプロジェクトにも参加できるようにする。また、地元の中小企業など会員企業からは技術相談を受け付けるほか、海外視察や出前セミナーを実施し、技術力向上を支援する。
研究組織の会長で、早稲田大学の山川宏教授は「初心に戻り、産学官連携で社会にイノベーションをおこしたい」と話している。

<写真説明>左から
【次世代地域・モビリティ研究部会長】 大聖泰弘  早稲田大学教授
【環境・エリアマネジメント研部会長】 小野田弘士 早稲田大学准教授
【食と農研究部会長】         堀口健治  早稲田大学名誉教授

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。
Adobe Readerをダウンロードするには左の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックしてください。